カメラ

美しい景色をツーリングの思い出にしたい

ツーリングに行く醍醐味はバイクで走るという気持よさなどもありますし、渋滞を気にせず色々な街に行くことができる自由度など様々な楽しみ、よさがあります。
ツーリングで訪れた先々で、景色や観光スポット、また思い出に撮影しておきたい場所、人物などありますが、この時、最近はスマートフォンを利用される方も多いようです。

もちろんスマートフォンも画素数等が高く美しい写真を撮影することができますが、やはり、カメラで撮影する方がより美しく、また表現の幅をぐっと広げることができます。
最近のデジカメにはWi-Fi機能搭載というタイプも多くなっているので、撮ってすぐにお友達とシェアもでき、カメラはツーリングに最高のアイテムとなります。

ツーリングに持っていくなら断然ミラーレス一眼がいい

コンパクトなデジカメ並みのサイズで、スマートフォンよりも美しい写真を撮る事が出来るのが、ミラーレス一眼です。
美しい景色をぼかして印象的な写真にしたり、インスタグラムやSNS向きの写真を撮影できるなど、現在のミラーレス一眼はとにかく多機能です。

機能はカメラによって様々でどのミラーレス一眼もそれぞれ特徴的なポイントを持っていますが、シンプルで使いやすいキャノンのEOS M10や決定的瞬間を逃すことなく撮影でき、自撮りも楽ちんというパナソニックのDC-GF9等がお勧めです。

シンプルなデザインでコンパクト、使いやすいEOS M10

洋服を着替えるようにカメラをアクセサリでおしゃれにできるということもあり、若い世代にも大人気のカメラがEOS M10です。
一眼レフ同様の大型センサー内蔵なので非常に美しく高画質な写真を撮影できますし、レンズセットの種類が多いという特徴もあり、写真をふんわり撮影したいという時、またベビーのような印象の写真を撮りたいという時なども楽々です。

遠くの被写体をしっかり撮影したいという時には、ダブルズームキットなど、自分好みのカメラにカスタマイズできる魅力があります。
自撮りもローアングルも得意というカメラなので、ツーリングで一人という時でも、上手に自撮りができて便利です。

撮ってからベストショットを決定できるパナソニックのDC-GF9

最高の一枚ってなかなか撮影できないものですが、パナソニックのミラーレス一眼レフ、DC-GF9なら安心です。

4Kフォトモードを利用すると撮影した後からベストショットを選ぶことができ、これに自分撮りモードをあわせて利用する4Kセルフィーがすごいと評判です。

1秒間になんと30枚という連写が可能で、その30枚の画像の中から最高の1枚を選択できるのです。
又撮り直し・・・ということが少なくなりますし、今まで撮影できずにいた決定的瞬間をキャッチすることができるかもしれません。

標準ズームを利用するとふんわりした写真を撮影できる、単焦点レンズがついたセットなどもあり、ライダーにも高い人気を得ています。