ホンダ 400X

快適な乗り心地が実現している400Xはツーリングに乗ってほしい一台

400Xはオフロードゆずりの目線の高さを持ち、前後一体型となっているシートがランディングポジションを自由にしてくれているバイクです。
快適に市街地を走る事が出来、またロングツーリングでも悠々と走る事の出来る乗り心地も兼ね備えています。

ツーリングにも街を走る時にも、豊かな性能でライダーの身体をしっかり保持してくれる、そんな質の高いデザインが魅力です。

シート高に関しても795mmと良好に足を付ける高さになっているため、どういったシーンでも快適に走る事の出来る特徴的なバイクです。

ダイナミックな走りを実現している走行性能

400Xは最高出力を9500rpmによって発生させる399c㎥、水冷直列2気筒エンジンです。
検討を重ね続けたバルブサイズ、ストローク比、さらにポートの形状によって、吸気、排気についても効率よく流れます。

街乗り、日常的な利用の際、使用頻度が高い低回転、また中回転域もトルクフルで非常に扱いやすく作られていて、ツーリング等長い距離、高速走行等する場合も高回転域で大きなパワーのエンジンの特性がよく行かされています。

動弁系にバルブ挟み角、ポートの形状、燃焼室形状について設計の自由度が高いDOHCを採用、ローラーロッカーアーム、サイレントカムチェーンを採用したことでより摩擦抵抗を少なくしています。

低振動化をはかるためにバランサーの位置にもこだわり、シリンダーの背面に設置したことで低振動性と静粛性も高いバイクとなっているのです。

気持ちよくツーリングができるポイント「シャシー」

鋼管ダイヤモンドタイプを利用したフレームは、安定感ある走りを実現し、また鋼管が適度にしなるので、路面がどのように変化してもライダーにしっかりと伝え、ハンドル操作性も快適です。

足回りもリアにプリロード調整機構を持ったホンダ独創のプロリンクを採用しているので、軽量化されマスを集中化させています。

フロントにはφ320mm、リアにはφ240mmというウェーブディスクブレーキを採用しており、ツーリングの際、急な路面変化があってもタイヤロックを回避するABSについてもタイプ設定されています。

ABSがある事で車体コントロール性、制動性能共に向上します。
もちろんABSがついていても、コーナー手前で十分原則することが必要ですが、万が一という時に安心の設計となっているのも、この400Xがツーリングにいいとされる要因です。

ツーリングの際には様々な路面を走る事もあり、安全度という面についてもバイクに求めなくてはなりません。
400Xに関しては性能も機能性も豊かで走りやすく快適な走行ができますが、安全面に関しても安心のこのバイクなら、より楽しいツーリングができると思います。