スタバ

宮島のサービスエリア

宮島のサービスエリアは大きな規模のためさまざまなサービスがあります。
ショッピングコーナーやレストランだけでなく、ファミリーロッジやスターバックスまで設置されています。
長距離をツーリングした後に休憩するもよし、のんびりと一泊してから目的地を目指していくもよし、いろいろな旅のプランで使用することができます。
時期が合えば日本屈指の宮島の花火大会も見ることができますので、旅のプランの中に加えてみてはいかがでしょうか。

ショッピングコーナーではリンゴの木を意味する新銘菓「ポミエ」が販売されています。
「ポミエ」はオリジナルのカステラ生地にリンゴの香りがついたカスタードクリームがはさんでありさらにその中に、リンゴの果肉が入っているお菓子です。
パッケージも新しくなり、おしゃれな紙袋と箱が用意されています。
もちろん以前からあるもみじ饅頭などの広島銘菓や特産品も販売しています。
中でも海軍さんカレーは一度は食べてみたいものです。

レストラン磯もみじ

山陽道で美しい瀬戸内海に浮かぶ島々が見渡せる唯一のレストランです。
日本三景の一つである宮島を眺めながら牡蠣、穴子、あさりなどの広島の特産品を楽しむことができます。
また夏の期間限定の瀬戸の夏物語、夏のとろろ膳といったものがありますので季節をずらして何度か行ってみたい場所となります。
ここでのんびりと食事と風景を楽しんでから、ツーリングに出かけて行ったらきっと爽快な気分で走ることができるはずです。

ファミリーロッジ

宮島のサービスエリアには家族四人で一泊一万円から借りることのできるファミリーロッジがあります。
ここは一人でともることもでき、その場合は料金は5000円となります。
全室インターネットがつなげられているうえ、朝は軽食も無料でついてきますので長距離の休憩として使うには最適となります。
一般道からの使用もできるため、高速を経由しなくても使用はできますが、そちらの駐車場は二台分しかない為、事前に予約が必要となります。
一度使っては見たいのですがひとりだと少し高く感じてしまうので4人家族の方が使っていくのが一番のおすすめとなります。

宮島SAのスターバックスの独特の魅力

宮島サービスエリアにはスターバックスがあります。
サービスエリア限定のラスクなどもあるのですがここにはそれ以上に独特な魅力が存在しています。
スターバックスと言えばおしゃれなイメージですがここのスターバックスにはパジャマ姿に近い人がちらほらと存在します。
というのも、深夜になるとこのサービスエリアで夜を明かす人たちもいるのでそんな人たちが寝巻のままにスタバを訪れるのです。
普段と違ったスタバを体感できるのはここだけですので一回は実際に言って体感してみたいものです。