光・走る

バイク乗りの醍醐味

深夜にスピードを出してドライブをしていくのはとても心地よく、バイク乗りの醍醐味の一つと言えるでしょう。
そんな深夜のドライブに取りつかれて、このためだけにバイクを購入していく人も少なくありません。
そんな深夜ドライブの魅力をいくつかご紹介していきます。

一人の時間を謳歌できる

深夜ドライブの魅力の中ではずすことができないのはなんといっても一人の時間を楽しむといった部分でしょう。
深夜でのドライブは昼間に比べると当然ですが交通量も少なく、渋滞も少なくなります。
特に高速では歩行者の姿も当然ありませんので、周りを意識することが少ない状態でドライブを楽しむことができます。

自分自身と向き合ってひたすら走り続けていく時間は、普段仕事や家庭で疲れてしまっている方にとっては至高の時間と言えるでしょう。
もちろん交通ルールや他の人たちでの意識はしなければいけませんがそれでもこの時間は誰に邪魔をされることのない癒しの時間となります。

通常のバランスを超えた状態

人間は本来夜は休息をとるように作られています。
しかし、この本来休息をとるべき夜間に体を動かそうとすると自律神経のバランスが崩れて普段とは異なった興奮状態になってしまいます。
例えば、普段朝方の生活をしている人が夜遅くまで仕事をしていて、それが終わって帰る際になぜか意味もなくテンションが上がりのみに繰り出してしまうことはよくある話ではないでしょうか。
その際にお酒が入っていなかったとしても深夜のファミレスなどで同僚と話しているときの異様な面白さは体験したこともある人はいるかと思います。

深夜はそのような状態になってしまう為、普段と同じ道であっても異様な楽しさが出てくるのです。
しかし、若干理性の効かない状態であるともいえますのでドライブの際は十分に注意していきましょう。

深夜のSAは非日常空間

深夜のSAには昼間とは違う空間が存在しています。
普段は何も感じることのないお土産や、高すぎて買う気の市内ホットスナックの自動販売機、寒すぎる外の空気これらのすべてが魅力的に見えてきてしまいます。
深夜人がいなく、真っ暗で、オレンジ色の街灯が照らしている空間、読んだだけでも何かワクワクしてきませんか?
これらの物は普段何も感じることのないものですが実際その場に立ってみると日常空間から自分が抜け出している気がしてきて物事一つ一つが楽しくなってきます。

深夜のドライブは一人の時間を作り、普段いる自分の場所とは隔絶した空間で自分自身を見つめ直すことができる現代の社会人にとって特に大切な時間なのです。
誰もいないSAで温かいコーヒーを買ってあえて外で一服しながらコーヒーを飲むこの瞬間こそ深夜ドライブをしていて最高の瞬間ではないでしょうか。