バイクエンジン

簡単なものは自分でやってみる

バイクがかからなくなって困ったという経験は多くの人がしたことがあるのではないでしょうか。
地元であったり近くにバイクショップがある場合はそこまで困るものではありませんが、詳しくない土地だったりするとかなり困ったことになってしまいます。
簡単な対処でも治ってくれる場合は少なくありませんので自力でできることは覚えておいて、いざという時に備えておきましょう。

ほとんどのバイクには普段使用することはありませんがハンドルの右側にキルスイッチがついています。
これはバツ印の方にスイッチが入るとエンジンがかからなくなるものですが、少しの衝撃で入ってしまうことがあります。
そのため、バイクのエンジンが急にかからなくなった場合はまずはこのキルスイッチを確認してみるようにしていきましょう。

ガソリンの残量

初歩的なことではありますがガソリンの残量を確認してみるようにしましょう。
残量が少なくなっているようであれば燃料コックをRESSにして、早めの給油を心がけてガス欠にはならないようにしましょう。
また、あまり起こることはないかと思いますがいたずらなどで燃料コックがOFFにされてしまっているときがあります。
この場合ガソリンはあっても新しく燃料が供給されないことになりますのでその点も確認してみるようにしましょう。

冬場の原因

冬場などでエンジンが冷えてしまっていると、エンジンが冷えてかかりにくくなる場合があります。
その場合は、チョークレバーを引いてみましょう。
車体によってはついていないものもありますのでついていない場合などは使うことができませんが、これによってエンジンがかかりやすくなるので冬場にエンジンがかからないようになったら試してみるようにしましょう。
チョークレバーは車体によってついている場所が異なりますがハンドル周りやキャブレーターについている場合が多いので確認してみてください。

バッテリーの問題

バッテリーは普段から気にしていないと気が付かないうちに弱ってしまっていることがあります。
そのため普段からチェックをしていくことが大切になります。
もし、出先でバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなった場合はいくつかの対処方法がありますので覚えておくようにしてください。

まずはバッテリーの交換です。
これができれば何の問題もありませんがバッテリーを積んでいることは少ないのではないでしょうか。
そんなときは近くを走っている人に助けてもらい充電をすることもできます。

しかし、人も通らない道の場合はそれもできません。
そのため、最終手段としてはおしがけになります。
バイクを押して無理やり充電していくことでその場を逃れるようにしましょう。
しかし、この方法で弱ったバッテリーが復活することはありませんのですぐにバッテリーの交換を行いましょう。