ツール

中級者になったら

ある程度バイクになれて来たら自分でバイクのメンテナンスを行ってみてはいかがでしょうか?
初心者のうちは少し怖いかもしれませんが、自分でメンテナンスをしていくようになるとバイクへの愛着も増していくます。
難しすぎるものを無理して行っていくのは危ないのでお勧めしませんが簡単なものは自分で行っていきましょう。

チェーンのメンテナンスは定期的に行っていくようにしましょう。
錆びついてきてしまうとスムーズに動かなくなってしまいますし、最悪の場合は走行中に切れてしまい大きな事故へとつながる可能性すらあります。
作業自体は難しいものではありませんので、時間を見つけて自分で行うようにしてみましょう。

ショップの方にお願いしていくのも良いのですがなかなか時間をとることがでずメンテナンス不足になりがちです。
作業に必要なカシメ用ツール、グラインダーなども忘れずに購入しておきましょう。
交換の頻度としては10000~20000Kmとなりますので基準はそこに合わせてみてください。

スプロケットの交換

スプロケットは山が摩耗してしまうとチェーンの寿命にも影響してきます。
またあまり多く見ることのある状態ではありませんが山が少なくなりすぎると走行不能な状態に陥ることもあります。
チェーンとのかみ合わせがなくなってしまう状況ですのでここまで来てしまうと交換する以外動かすことができなくなってしまいますので定期的に注意をしていきましょう。
こちらも交換の目安としては10000~20000Kmとなりますのでチェーン交換と一緒に行っていくようにするとよいでしょう。

タイヤの交換

これは初心者の方には少しだけ難しいかもしれませんがなれるとすぐにできるようになっていきますのでできる限り自分でできるようにしておいた方がよいでしょう。
作業にはタイヤレバーやコンプレッサー、ビードブレーカーなどが必要になってきますが、足回りが不安な状況ではツーリングを楽しむことはできません。
またタイヤの交換目安は5000~15000Kmとチェーンなどに比べて頻度が高くなりますので、最初は大変かとも思いますが自分でできるようになって手間を減らせるようにしていきましょう。

ブレーキパッドとキャリパーOH

ブレーキパッドの交換の仕方は覚えておくと便利です。
このついでにキャリパーOHも覚えておきましょう。
ブレーキパッドを交換する際にはピストンの固着を防止する意味でもキャリパーOHも同時に行っていきましょう。

作業自体はそこまで難しくはありませんが、最大の難関として、フルードのエアを抜くという作業があります。
ブレーキホースにエアが噛んでしまうと、ブレーキが利かなくなるという恐ろしい事態になりますので初心者の方は一度は必ず経験者の方と一緒に作業をしてから望むようにしましょう。
メンテナンスの目安は5000~15000となりますので忘れずにチェックしておきましょう。