太陽

暑さ対策、考えていますか?

まだまだ、暑い日が続きますがバイクを乗るときに暑さ対策はしっかりとしていますか?
涼しくなってきたとはいえ普通に生活しているときとバイクに乗っている時では大きな暑さには大きな差があります。
普通に生活をしているときに比べて暑いというのも一つですがそれ以上に、普段生活している中ではめまいがしてもせいぜい転んでしまうぐらいですがバイクに乗っているときはそれが事故に直結してしまいます。
愛車を守るためにも、自分自身を守るためにも普段以上に対策をしっかりと建てておかなければいけません。

まずは、肌の露出を抑えていく

最初の基本は肌の露出を抑えていくことになります。
バイクを乗りなれている人にとっては暑さ対策以前の基本にはなりますが、これは暑さ対策としても非常に大切なことです。
もともとバイクを乗っていくうえで肌の露出を抑えていくのは大切ですし、それは皆さん理解していることかと思います。

しかし、暑くなってくるとついつい、薄着になってきてしまうことがあります。
体感としてはそちらの方が涼しく感じることもありますが、実際には肌の露出を抑えた方が長時間運転していく上では安全となりますのでその点は注意してください。
砂漠を移動する際に直射日光を避けて、体を覆う面積の多い格好をすることが多いのを見てもらえばわかりやすいかもしれません。

体感も涼しくする

先ほど体感よりも、といった直後ですがこちらはこちらで大切なことです。
人間はフィジカル面のみではなくメンタルによっても行動や能力に大きな影響が出ます。
どんなに健康であろうともメンタルがやられてしまっていれば正常な行動ができなくなるものです。
普段仕事をしているときでも面白くないことが続けば体調には問題がなくとも誤った行動をとってしまいがちです。
そのためメンタルのケアとして体感も涼しくしていくことはとても大切なことなのです。

涼しくしていくためにはメッシュ系のアイテムを使用していくことがお勧めです。
メッシュ系のアイテムを使用していけば、安全を確保したうえで体感手としての涼しさを得ることができますので検討してみてがいかがでしょうか。

水分補給は必須

最後は水分補給の話になります。
これはスポーツの時などとも変わらないものにはなりますが、意識しての水分補給を心がけましょう。
喉が乾いたら飲むというのは一件普通のように聞こえますがこれは大きな間違いです。

喉が渇いていなくとも体から水分は失われていっています。
そのため、定期的な水分補給や、気が付いたら毎回少しずつでいいので水分を意識していくことが暑い時期だけではなく、年間を通しての安全なツーリングに繋がっていきます。