バイク走行中にも音楽を聴くことはできる

運転中の楽しみの一つに音楽を聴くことがあります。
しかし、バイクだと車と違い密室にならないために音楽を聴くのが難しい印象が強いです。

中にはイヤホンをつけて走行している人もいますが、イヤホンは耳が密封されるので周囲の音が聞こえない可能性があります。
そこで音楽を聴く際にはイヤホンを使わずにスピーカーを使って聴くようにするのが望ましいです。

バイクで走りながら音楽を楽しむ方法

バイクで走りながら音楽を聴くためにはスピーカーを用います。
スピーカーは2種類あり選ぶことが可能です。

まず、バイクのヘルメット周りにつけることができるスピーカーがあります。
ヘルメットに装着するスピーカーはヘルメットスピーカーです。
これにBluetoothのレシーバーをつければスマートフォンなどのデバイスにある音源を楽しむことができます。

オートバイのために開発されているインカムを使えば通信機能も付いてくるので音楽だけでなくラジオやナビの音声ガイダンス、ツーリングの際には仲間と通話しながらの走行も可能です。
音楽を聴くために購入するだけでなく、ナビを利用したり通話をしながらツーリングをしたりするために購入する人もいます。
持っていると便利なため購入しておいて損はないアイテムです。

バイクそのものに取り付けられるタイプのスピーカーもあります。
これはバイクにアンプとスピーカーを搭載するタイプのものです。
電源をバイクから供給するようにすれば充電をすることなく使えるため手軽に使うことができます。

また、バイクのスピーカーから音を聴くことができるためツーリングでの気持ちの良さは格別です。
ビッグスクーターやアメリカンバイクのような大きなバイクで良く用いられています。
ただ、周囲にも音が聞こえるようになるので音量には注意が必要ですし、周囲に迷惑のかかる走行は避けましょう。

ヘルメットにスピーカーをつける方法と楽しみ方

ヘルメットにスピーカーをつけるのはとても簡単です。
小型ですし軽量なので工具がなくてもヘルメットのイヤースペースにマジックテープや両面テープをつけるだけで装着できます。

ただ、機種や取り付けるヘルメットによって手間は違いますし、外れやすい場合もあります。
また、装着する場所によって音の響きも違いますからベストな場所を見つけて取り付けるのが大切です。

ヘルメット全体に音が響くためにイヤホンやヘッドホンとは違った音の楽しみ方ができます。
スマートフォンと連動させたりマイクを装着したりすることによって走る際の楽しみはどんどんと広げることができるアイテムです。
ただ、音を聴いて運転に集中できなくなると事故の原因になるので安全には十分留意しましょう。