衝撃剤の入っているプロテクターで身を守る

モトクロスのバイクはもちろんですが、普段の走る場面でも万が一の時のために胸部プロテクターなどプロテクターは身につけておく方が安心です。
しかし、自分に合っていないものを身につけると効果がないどころか逆に危険なこともあります。
最近では身につけやすい軽めのプロテクターも増えています。

インナープロテクターは名前の通り下着のように身につけることができるプロテクターです。
通気性や運動性も高く比較的計装でも身につけることのできるものになっています。
上半身であれば胸。かた、鎖骨、背中、肩、ひじ、脊髄といった場所を守ることができるので安心です。
事故の際に重症化することを防ぐこともできます。

パンツは長時間シートにまたがっていても局部が擦れたり痛みを感じたりしないようにきちんと配慮された作りになっています。
長距離の運転では特にバイク事故で身につけておいた方が安心です。
バイク事故では骨盤や大たい骨の骨折が起こりやすく衝撃吸収でこれらのトラブルが起きにくくなります。

パンツタイプのプロテクターも短めのタイプから膝まで守ってくれるタイプまでそのサイズは様々です。
自分が使いたいもの、守りたい部位によって適したものを選びましょう。
最近はフルレングスのものでも通気性や運動性が高く運転はしやすいです。

プロテクターの衝撃吸収力はとても高い

プロテクターを身につけると体がとても大きく見える、動かしにくい、暑いといったネガティブなイメージを持っている人も多いです。
ただ、最近のものはそういった部分はかなり解消されています。
軽量小型、運動しやすいタイプのものも多いです。

このような進化を見せているプロテクターですが衝撃吸収力もしっかりと進化をしています。
軽量ですが大きな衝撃を受けた際にだけ硬化して体を守ってくれるというタイプのものも出てきています。
このようなタイプのものは高価ですが使い勝手はとても高いです。

また、最近ではエアバッグがついているタイプのプロテクターも出てきています。
車にはエアバッグが標準装備されていて衝撃が吸収できるようになっていますが、バイクの場合には体がむき出しです。
そこで少しでも事故の衝撃を和らげるためにプロテクターにエアバッグがついているものも出てきています。

バイクでは街乗りの際にもプロテクターがついている方が安心できます。
軽い店頭でもバイクの場合は骨折をすることがありますからひじやひざはきちんと守っておく方が安心です。

そこで移動する距離や走る場所によっても身につけるプロテクターを変えるというのも一つの方法としてあります。
万が一の時のためにもけがをする前に予防のためにきちんと考えてプロテクターを装備するようにしましょう。