バイク用ジャケット

ヘルメット同様ライダーを守ってくれるバイク用ジャケット

バイクに乗る時、ライダーを守ってくれるヘルメット同様、ライダーを守ってくれるのがバイク用ジャケットです。

バイク用ジェットは、運転している時に快適さを向上させ、ライダーの疲労を軽減するということ、また万が一事故などで転倒したという時にも、出来る限りダメージを少なくするという役割を持っています。

バイク用ジャケットは素材などにも違いがあり、風をとおしにくいという物、またプロテクター装備されているものなど種類があります。

バイク用ジャケットの風通しはどうなのか?

バイク用ジャケットを選ぶ際に知っておきたいことがいくつかあります。
一つは風通しです。

バイクでの走行中、ドライバーは常に風を浴びている状態となり抵抗を受けます。
冬場など気温が低い時には体が冷え切ってしまい、体力を奪われます。
そのため、風をとおしにくい素材のバイク用ジャケットが望ましく、袖などから風が侵入しにくいジャケットなら保温性にも優れています。

逆に夏は風通しがいいタイプが好まれますので、メッシュ素材のものもいいですし、インナーの着脱可能なものも販売されていますので、オールシーズン利用できるというじぇけっとも魅力があります。

バイク用ジャケットに必要な汗対策

夏も冬も汗がジャケット内に残ってしまうと、体力を余計に奪われることになります。
夏は汗をかくと疲労しますし、冬は汗が冷えにつながり、より一層冷たさを体に感じることになり、体調を崩す要因ともなります。

季節を考慮し換気性や蒸れにくいなどの素材、また速乾性のある素材を利用することで、体力を奪われたり汗によって冷えるということも少なくなります。

サイズや形状があっているかどうか

素材も風通しなども最適なバイク用ジャケットであっても、サイズやバイク特性に会っていないバイク用ジャケットでは意味がありません。

やはり自分の体の大きさに適したサイズが必要です。
体に合っていないサイズのバイク用ジャケットを着ているとパフォーマンスが低下するほか、ドライバーが運転に集中できなくなります。

走行している時には運転と周囲に気を配りたいので、ジャケットが気になるというようでは安全面ということに関してもマイナスになります。
思わぬ事故につながらないように、自分の身体に最適なサイズの倍峡ジャケットを利用することが求められます。

バイク用ジャケットの種類を知っておこう

バイク用ジャケットには種類があります。
メッシュ素材のものは、素材の一部、若しくは全体がメッシュとなっていて、風通しが非常によく作られています。
暑い夏でもメッシュなら快適に走る事が出来るでしょう。

ウィンター用のジャケットは、素材表面、袖、首元などから冷気が入ってこないように設計されています。
高い保温性があるので冬場でも快適なランディングが出来ます。

春、秋、冬、夏以外の季節で着用できる3シーズンタイプは、インナーやフードなどを着脱できる機能があったり、ジッパー、マジックテープなどを活用し風通し良くできるタイプです。

最後に、ツーリングなどの際に雨に降られると身体が一気に冷えます。
それを防止し、雨でもしっかり走行できるように着用するのがレインスーツです。
最近のものは着心地がよりよくなっていて、透湿性も高くなっている機能性豊かなタイプも出ています。